FUWVOB短信


by fuwvob
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

タグ:六呂師山荘 ( 2 ) タグの人気記事

【平成21年4月18・19日(土日)の分】
降雪が少ない・暖冬だと言っている内に早4月下旬にとなりました。  4月からは高速道路料金も土日絡みで一律1,000円となり、これからの行楽シーズンには行動範囲が一回り大きくなることでしょう。山荘も漸く冬篭りから目が覚めて、山荘周辺も写真の如く春らしくぱっと明るくなりました。  水仙も一通り咲き終わって、タンポポの花も満開、山荘裏庭の桜も満開状態(写真参照)で一層映えていましたf0198143_1223584.jpgf0198143_126485.jpg

近くの子供の通わない六呂師小学校の校庭も桜満開でした(写真参照)。 
福井からの山荘までのアプローチで、今月から一部中部縦貫道向け高速道路が無料で利用できる様になり、奥越の山々や白山連峰が今までとははるかに美しく雄大に目に入ってきます。 携帯での撮影でしたので生憎その感動が伝わってきません。 いつしかその感動が分かる写真を報告できるようにします。
山荘での作業は、材料置き場の囲い・ドアつけ・床貼りを85%程度まで進行。裏庭枯れ木の焼却。
間伐木々の再生抑制対策・薪の切断等を行った。


f0198143_129109.jpgf0198143_1294523.jpg

山荘西側の春を待って咲くこぶし満開、六呂師山荘裏庭の桜が満開でした。
六呂師高原牧場の道路端のたんぽぽ中部縦貫道一部開通。勝山インター付近より加越国境を写す
桜満開の六呂師小学校校庭から荒島岳を眺める(石田)
f0198143_12121365.jpg

今回の参加者…塚田・大関・三上・石田の4名…今回は特殊事情が重なり少人数でした。
次回の作業日は、5月23・24日(第4土日)を今のところ予定しています。
<写真は携帯電話での写真ですので多少迫力が表現できていませんが悪しからず>

[PR]
by fuwvob | 2009-04-22 12:17 | 六呂師山荘
寒さと暖かさが交互に入替るようになり、枯れあがった庭にも春の花が咲き出している。群生している水仙にも黄色い花が咲きだして、本格的花の春がやって来た。花や山菜は4~5月になりますが、今年は少し早くなりそうです。
f0198143_14581147.jpgf0198143_14585882.jpg

今月の山荘作業は・・・・・・(石田)
21・22(土日)の山荘作業報告をします。
・・・・「山野草(?)」の名前が分からないので「山野草(?)」とメモっています。花は写真の黄色に2輪が可憐に咲いているものです。もし分かりましたら、具体名と置き換えてもらえたら助かります。
~暖冬といえ早、桜の開花宣言が出されるなど、年々その時期が早くなっているのは喜んでよいのやら、複雑な気持ちになってきます。しかしながら春は確実に近づいていることは確かです。水仙も越前海岸には遅れを取ったが、雪深い野山は雪解けと3月中旬の陽射しと共に一斉に芽を吹き出し、花芽も出始めた。
山野草(?)も片隅で我れ負けじと二株がしっかり花が咲き人の目を引いていた。
山荘作業も軒下の雪一部を残し99%が融け冬篭りから一気に春に向けた準備作業となり、雪囲の撤去・裏庭の雪折枝の片付・植栽防雪支柱の撤去・枯れ枝の野焼き等、参加者全員で快晴の青空の元で心地よい汗を流しました。 このあと1ケ月もしない内に新緑の草木芽がふき出すことでしょう。 
 翌日は、資材置場の片付・床下地、薪作り等と時折の豪雨にもめげず、精一杯頑張って春季ワンゲルシーズンの幕開けに相応しい作業日となりました。
 今回の参加者:高瀬・沼本・大関・塚田・三上・石田の6名
4月からはいよいよ外壁の準備に入ります。又忙しくなりますので作業日へのお手伝いをお待ちしております。  尚、裏庭と山荘の写真は2枚を左右に組立てものです。 ~

f0198143_14584718.jpgf0198143_14592419.jpg

次回の作業日は4月の第3土日(18・19日)の予定です。
[PR]
by fuwvob | 2009-03-24 15:09 | 六呂師山荘